news / News

10.27〜28 ソロ公演「silence」@ムリウイ

たくさんの方のご来場、ありがとうございました。公演後記はちら。

細川麻実子 ソロ公演

「silence」

 

silence

     —生まれる前の もっと 前    種の表裏で 音が 聴こえた

 


【日時】
10月27日(土)19:30 予約終了
10月28日(日)17:00 予約終了
10月28日(日)20:00 予約終了
*開場は開演の30分前
*各回定員30人
*開演後にご来場のお客様は演出上、終演後に精算していただく場合がありますのでご了承ください。
各回若干数の当日券をご用意しております。

 

【会場】       カフェ・ムリウイ 世田谷区祖師谷4-1-22-3F  http://www.ne.jp/asahi/cafe/muriwui/
【構成・出演】     細川麻実子  山㟁直人 (音)
【photo,design】    GO (go-photograph.com)
【料金】       前売 2,500円  当日 3,000円 (1ドリンク代別)
【web】         http://mamikohosokawa.com/
【ご予約フォーム】   https://goo.gl/forms/WxEtmuCPOSaqndZz2

【お問い合わせ】    sooomamia@gmail.com

 

ドラム、打楽器奏者。音楽以前の音楽を探求し、自然や日常からの音や流れから生じる“リズム・響き・間”を大きなうねりにのせ、あらゆる空間を音と共に旅をする。 1 3才の頃からドラムを始める。ドラムを阿部拓也氏に師事。国内外、ジャンルを問わず様々なアーティスト(ミュージシャン、ダンサー、詩人、写真家、書道家、華道家、画家、メディアアーティストなど)と共演し、現在はソロやグループ、またサポートドラマーとしてヨーロッパや日本で活動中。主なグループやプロジェクトに松樹千年翠(書道家白石雪妃、華道家塚越応駿、琵琶奏者藤高理恵子とのプロジェクト)、En Route (画家上田暁子とのプロジェクト)、usva (Lauri Hyvärinen / Finland, Jone Takamäki / Finlandとのトリオ)など他にも多数。

 

◯◯ メディア掲載 ◯◯
ステージナタリーhttps://natalie.mu/stage/news/300851
◯◯ 推薦コメント ◯◯
北里義之 (舞踊・音楽評論)
「彼女が即興的に踊るとき、うわべは静かさを保っていたとしても、細かな動きのフレーズが猛烈なスピードで身体をかけめぐり、頭も急速回転しているのがわかる。
身体に記憶された動きの文法が、フレーズをスムーズに開放していくこともあれば、動きと動きが衝突して、決定的な選択の瞬間を待つこともある。濃密なダンスが踊り出される瞬間の数々。
彼女には、ダンスの地平を、さらに外へと突き破ろうとする衝動もあり、それがときには、周囲を驚かせるようなパフォーマンスに発展する。振付でもされないかぎり、音楽に従うことはなく、音楽とともにそこにあろうとする身体が、彼女のダンスなのだ。そんなふうに存在のすべてを踊る細川麻実子を、振付家の彼女はどんなソロ作品にしあげていくのだろうか。共演者の山㟁直人も、響きを存在感をもって奏でることのできる打楽器奏者だ。私たちは、まるで作品がそこではじめて産み落とされるような一晩を過ごすことになるだろう。」

・鈴木ユキオ(振付家・ダンサー)
「踊るということに素直に従いながら、それでいて予想もつかないところに着地してしまう、そこのバランスとアンバランスの心地よさ、そしてカラダに無の状態で向き合うことによって生まれる身体性、そんなイメージを持っています。今回どんなカラダが現れてくるのか、予想もしない景色を見せてくれることを期待しています。」
・青木 健 (現代舞踊家)
本能と直感。五感と感性。想像と表現。故に発想の豊かさに触れる作品群。親でもあり師でもある初枝先生のスタジオ生を指導しつつ研究所を支えてきている。常に加藤みや子先生のもとでもフル出演しつつも自ら行動を起こし、ここ狭しとダンス界の垣根を越えて他ジャンルのアーティストと融合・コラボを展開し才能を磨いている。ブックカフェにおけるミニ空間でのソロ、車イスを使っての響-KYOの過激な身体表現、アトリエや映像を通しての被写体ダンス。離島においてのアートアイランズ国際現代美術展での自然空間ダンス等、精力的アクションに驚かされ、観た人々に快いインプレッションを与える。風を呼び止め、空を斬る。さりげなく微笑みつつ後ずさり。
急発進を繰り返すも荒れ地に迷い込み、つま先立ちのバランスをとる。心のブレーキをかけ静を奏でる。そこに細川麻実子が立っている。
麻実子さんを見つめて25年、今宵、新たな夢を見る。」

photo GO