news / News

2.23 無音音vol.10 灰野敬二 @ひかりのうま

  無音音  muon no oto project  

様々な環境で空間や作品と寄り添いながら
からだの発信を続けている細川の project muon no oto “無音音
人がもつ独自の間やリズム、呼吸が音になり身体と重なり、その時しかない無音の音を生み出します。
共演者には即興・曲の演奏・どんな切り口でのアプローチかを委ね
振付のシークエンスと即興のダンスとともに展開します。
ぜひ体感してください。

 


無音音 muon no oto vol.10

2023年2月23日(木祝)
ひかりのうま
東京都新宿区百人町1-23-17 B1
JR大久保駅南口改札出て右30秒

灰野敬二
細川麻実子

open  19:00   /  start 19:30
¥3,500 +1drink order

▶︎ひかりのうま
▶︎ 無音音

お店でのご予約は受け付けておりません。

 

 



灰野敬二(はいの・けいじ)

195253日千葉県生まれ。アントナン・アルトーに触発され演劇を志すが、ザ・ドアーズに遭遇し音楽に転向。ブラインド・レモン・ジェファーソンをはじめとする初期ブルースのほか、ヨーロッパ中世音楽から内外の歌謡曲まで幅広い音楽を検証し吸収。1970年、エドガー・アラン・ポーの詩から名を取ったグループ「ロスト・アラーフ」にヴォーカリストとして加入。また、ソロで自宅録音による音源制作を開始、ギター、パーカッションを独習する。1978年にロックバンド「不失者」を結成。1983年から87年にかけて療養のため活動休止。1988年に復帰して以来、ソロのほか不失者、滲有無、哀秘謡、Vajra、サンヘドリン、静寂、なぞらない、The Hardy Rocksなどのグループ、experimental mixture名義でのDJ、他ジャンルとのコラボレーションなど多様な形態で国際的に活動を展開。ギター、パーカッション、ハーディ・ガーディ、管楽器、弦楽器、各地の民間楽器、DJ機器などの性能を独自の演奏技術で極限まで引き出しパフォーマンスを行なう。200点を超える音源を発表し、確認されただけでも2,000回以上のライブ・パフォーマンスを行なっている。

Keiji Haino
Born in Chiba on May 3, 1952. Inspired by Antonin Artaud he aimed for the theatre, but an encounter with The Doors stimulated him into music, where he has examined and absorbed a wide range of music from the early blues especially Blind Lemon Jefferson or European medieval music to popular songs across the world. In 1970 he joined a group Lost Aaraaf named after Edgar Allan Poes poem as a vocalist. Meanwhile, he started to work on home recordings and self-taught the guitar and percussions. In 1978 he formed a rock band Fushitsusha,” and since 1988, after a recuperation period from 1983 to 1987, he has been internationally active in various forms including solo, groups such as Fushitsusha, Nijiumu, Aihiyo, Vajra, Sanhedrin, Seijaku, Nazoranai or The Hardy Rocks and DJ as experimental mixture,” as well as collaborations with artists from different backgrounds, drawing the performance of the guitar, percussions, the hurdy gurdy, diverse wind and string instruments, local instruments from across the world and DJ gears to the extreme through unique techniques. He has released more than 200 recordings and performed live at least 2,000 times.
http://www.fushitsusha.com/